2018年8月26日(日) 鶴ヶ島水かけまつり@鶴ヶ島市役所:【旧】パーティアニマルズ~国際交流 イベント情報館~:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
null.JPG

2018年8月26日(日) 鶴ヶ島水かけまつり@鶴ヶ島市役所 [その他の国際交流フェスタ]






ホーム国際交流フェス・イベント > 8/26:鶴ヶ島水かけまつり@鶴ヶ島市役所

20180826tsurugashima.jpg

ワールドフェスタ・ヨコハマ@山下公園

【詳細】 オフィシャルHP
【日程】 2018年8月26日(日)
【時間】 10時~17時30分
【場所】 鶴ヶ島市役所特設会場
【住所】 鶴ヶ島市大字三ツ木16-1
【駐車場】 あり(400台程度)※台数に限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願いします。
【アクセス】
20180826tsurugashima-map.jpg
【内容】 ウォーターガン(水鉄砲)ゲーム、ウォーターバルーン(水風船)バトル、ダジャン風水かけ、ミニ龍蛇みずかけ渡御(とぎょ)、水かけダンスパレード、龍神流しそうめん、ミャンマー舞踊、ダンスステージ、水かけフォトコーナー、消防車放水、ミャンマー・脚折雨乞の展示・体験、日本・ミャンマーの各種模擬店、キッズエリア 等

※スポンサーリンク



 
 

【概要】
鶴ヶ島の誇る伝統行事、国選択無形民俗文化財「脚折雨乞(すねおりあまごい)」とミャンマーの国民的水かけ行事「ダジャン」がコラボした「鶴ヶ島水かけまつり」を、今年初開催します。東京オリンピック・パラリンピックと脚折雨乞の重なる2020年に向け、市民一体となって盛り上がりましょう。

●おすすめの持ち物・服装
濡れてもいい服、何なら水着、乾いた着替え、日よけに帽子、イケてるサンダル、タオルは絶対、本気ならゴーグル、おしゃれなサングラス、水に強い日焼け止め、こだわりの水鉄砲、あれば防水スマホなど・・・

●内容
1:ウォーターガン(水鉄砲)ゲーム(10時30分~12時30分:芝生エリア)
芝生を敷いた特設会場で、本部から貸し出すウォーターガンを使って、チームで水を掛け合います。勝ち負けよりも楽しむことが一番。素敵な商品も用意しています。※参加の受付は終了しました。熱い闘いへの応援をお願いします。

2:ウォーターバルーン(水風船)バトル(16時~:芝生エリア)
大人も子どもも大好きな水風船。びっくりするほど大量の水風船を準備します。2つのチームに分かれて、思う存分投げ合いましょう。

3:放水昇天(消防車放水)(16時30分~:芝生エリア)
イベントのラストを飾る、消防ホースから天高くへの放水。その様子はまるで龍神が昇天するかのよう。大迫力の放水をお楽しみ下さい。

4:つるがISLAND(キッズコーナー)(10時~17時30分:キッズエリア)
会場の中央には、つるが「ISLAND(島)」を設置。プールや水鉄砲、バケツで自由に遊ぶことができます。

5:ダンスステージ(11時~、13時30分~:ダジャンエリア)
特設ステージでは、本場のミャンマー舞踊やキッズダンスを披露します。ステージは1日2回。最後はみんなで踊れる曲を流しますので、ダンサーと一緒にみんなで楽しく踊りましょう。※危険ですので、ステージへの水かけはお止めください。

6:ダジャンタイム(ミャンマー風水かけ)(12時~、14時30分~:ダジャンエリア)
ダンスステージ脇には、水かけ台を設置。音楽を掛けながら、エリアに向かって大量の水を撒きます。この時間は、エリア内ならお互いどれだけ水を掛けても無礼講。思い切りびしょ濡れになりましょう。

7:脚折雨乞展示(10時~17時30分:展示エリア)
4年に一度の伝統行事「脚折雨乞」について学べます。本番でも使うミニ龍蛇(りゅうだ)も登場。担いで写真を撮ることもできます。前回の行事のダイジェスト版も上映します。※展示は8月20日~31日まで行います(体験は当日のみ)。

8:龍神流しそうめん(11時~終了まで:飲食エリア)
脚折雨乞の龍神様は、竹と麦わらで作られます。市内の竹を使った龍神様を模した流しそうめんを行います。龍神の背中を流れるひんやり冷たい縁起のよいそうめんをご賞味ください。※11時から先着120名 費用200円が掛かります。 

9:各種模擬店(10時~17時30分:飲食エリア)
日本の定番料理はもちろん、普段なかなか食べることのできないミャンマー料理も出店します。本場から直輸入したミャンマービールも販売。暑い夏にはぴったりです。この機会に、ぜひ本場の味をご賞味ください。また、ミャンマーの雑貨等も販売しますので、海外旅行の気分でお買い物をお楽しみください。

10:ミャンマー展示(10時~17時30分:展示エリア)
まるでフェイスペイントのようなミャンマーの伝統的なお化粧「タナカ」が体験できます。その他、映画さながら「ビルマの竪琴」も展示。楽しみながら、ミャンマーを知ることができます。※展示は8月20日~31日まで行います(体験は当日のみ)。

11:百鬼丸切り絵ライブ 
テレビでもおなじみ、現在アメリカで大活躍中の切り絵作家「百鬼丸」さんが来場。鶴ヶ島や脚折雨乞とゆかりが深い百鬼丸さんによるファンタスティックな切り絵ライブを披露します。※切り絵ライブの時間は、追ってお知らせします。

12:すわじゅんこスペシャルライブ(13時30分~:ダジャンエリア)
日本とミャンマーで活動するシンガーソングライター「すわじゅんこ」さんによるスペシャルライブ。日本の有名な曲をミャンマー語で歌ったところ、1日で25万回再生されるという本場ミャンマーで絶大な人気を誇るシンガーです。この日限りのスペシャルライブをお送りします。

13:ウォーターパレード(12時30分~、15時~:ずぶ濡れゾーン全体)
テーマパークでもおなじみのウォーターパレード。鶴ヶ島のパレードはなんとミニ龍蛇が先導します。水鉄砲などで、ダンサーやミニ龍蛇に水を掛けてもオッケーです。ただし、ダンサーからの反撃もあるので、ご注意ください。

14:ウォーターダンスショー(12時30分~、15時30分~:芝生エリア)
芝生エリアで、大迫力のダンス!テーマはもちろん水!観客エリアまで水が飛んでくるかも!?カメラなどにはご注意ください。

15:ざぶーんフォトコーナー(10時~17時30分:キッズエリア)
ずぶ濡れの写真が撮れちゃうこの日だけのインスタスポット。平成最後の夏を、思い出に残しましょう。

16:消防体験ブース(10時~17時30分:キッズエリア)
坂戸・鶴ヶ島消防組合、鶴ヶ島市消防団のご協力により、消防ブースを設置。 水消火器などの体験ができます。

【脚折雨乞とは】
鶴ヶ島市の脚折(すねおり)地区で4年に一度開催される伝統行事。300人の男衆が、竹と麦わらで作られた長さ36メートル、重さ3トンもの巨大な龍神を担いで市内を練り歩き、雷電池(かんだちがいけ)で降雨を願います。農業が盛んであった江戸時代において、大きな川がない鶴ヶ島では水は貴重なものであり、水不足が続くと雨を祈る雨乞い行事が実施されてきました。農業者が減った現在においては、地域の絆を育む行事として、毎回夏季オリンピックの年に開催されています。 →脚折雨乞の詳細はこちら

【ダジャンとは】
ミャンマーの暦では4月が正月にあたり、国内各地でダジャンやティンジャン(Thingyan)と呼ばれる新年を祝う水かけ行事が行われます。水をかけるのには1年間の厄や埃を洗い流すという意味があり、東南アジアの上座部仏教諸国では同様の水かけまつりが行われています(タイのソンクラーンが有名です)。鶴ヶ島は2020年東京オリンピック・パラリンピックのミャンマーホストタウンとなっており、市民向けのミャンマー語講座やミャンマー料理教室、学校給食でのミャンマー料理の提供などといった交流が進められています。





【twitter & facebook】
パーティアニマルズのTwitter & facebookページでは、さまざまな国際交流できそうなイベントについて、毎日つぶやいています。Twitterやfacebookを利用している方はぜひフォローまたは”いいね”してください。
パーティアニマルズtwitterページ
パーティアニマルズfacebookページ

【その他】
米軍関連イベント一覧
大使館関連イベント一覧
その他の国際交流フェスタイベント一覧
その他イベントスケジュール
英会話学校無料体験レッスン特集

※情報の信頼性、正確性について責任は負いませんので、参加する際は必ず主催者の方に確認をお願いします。

※スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

Facebook コメント

ブログを作る(無料) powered by SSブログ